くまのみ不動産サービス
10:00~19:00 土日祝日は10:00~16:00(予約者優先です)
不定休
2020年01月03日
スタッフブログ

生活保護費受給について思うこと

生活保護を受ける方って増えましたよね。どう考えても不正受給している人も見受けるし、住民票とるのもタダだし、病院もためらいなく行くし、タダのくせに行政の文句はいうし、生活保護ではないけど最近は経済界トップの人間が逃亡するし・・社会がおかしいですね

全然関係ないけど(笑)ゴーン容疑者逃亡は日本人からすると 罪を認めて逃げたとしか思わない

カリスマ経営者から容疑者、逃亡犯と忙しいな(笑)

第三国に逃げて論点すりかえと日本や会社の悪口と日本人の感性からすると一番嫌われるタイプの人間ですね。
尊敬もされない、なぜこんな人をいっときでも「経営の神様」みたいに崇め奉ってたのでしょうか?また逃げた後の担当弁護士の弁、行動が他人ごとで不愉快ですね。(笑)

一番悪いのは「日産」ですかね。高い技術などがありながら、経営難で、ただ規模が大きいだけのルノーからコストカッターを受け入れ、日本人は人を斬るをあまり良いとは思わないので、外国人社長からするとやり易かったのかも知れませんね。

人を大量に斬っておきながら、私腹を肥やす、時代劇の悪代官みたいですね。しかし労組が強い所は、本体の会社がダメになるイメージしかないですね。もう役割を半ば終えているのでしょうね

いまの社会は騙すより騙される方が悪いが風潮に

ゴーン容疑者ではないですが、この仕事をしていると、生活保護受給者の中に明らかに「こいつは違うだろう」と思うような人がいます。

昔は本当に困った人が生活保護を受けてたし、それか、偽ってヤクザが受けてたりとかで あまり一般の人には 生活保護制度というのは理解されてなかったように思えます。

それこそ昔の人は、「お国の厄介にはなりたくない」という考えの方も少なからずいたので、 生活保護を受けることをかたくなに拒んでいた人もいました。今は「もらわなければ損」なので考え方自体が随分と変りました。

自分が20代の頃は 生活保護の方は 個人資産を持てなかったのでエアコンを持つとか車を持つとか できませんでした。

今は生活保護を受けてる方の方が 家の備品が充実してるかもしれません。

民主党時代に大幅に増えたと聞きますが、あんな政権に一時的にも期待した自分が恥ずかしいです。言っていることは何にも変ってないし・・・(笑)

家を建ててるんで退去しますの連絡が

以前アパートに入居していただいた 若い男の子から「家を建ててるから退去します。」

「あれ?○○〇〇君が建ててるの?」

「そうですね♪」

「君、保護費で生活送ってたよね? どうやって?」と聞くと、

「色々仕事してたんで」という答えが、 聞けば場所のいいところで、 しかも2棟(驚)

FXでもやってたのかな?

アパートに入居する時は家族みんな生活保護を受けてたし、連帯保証人と言って連れてきたおじさんも生活保護でした。

「おじさんは生活保護だから連帯保証人さんになれませんよ!」って言うと、

「年金生活者は連帯保証人になれるでしょ?年金も生活保護も同じようなもんだからいいでしょ?」と言われたんで、

「違いますよ(笑) 年金はその人が働いた対価であり、生活保護費はそのお金がないと資産や能力等すべてを活用してもなお生活に困窮する方に対し、緊急的な支給です。全く違うものです。」と説明したことがあります。

その後も、ここでは書けないようなことがあったりと、まさか家を建てるとは(驚)

ローンを組んだと言っていましたので、どこかで保護から抜けたんでしょうけど多分ギリギリまで誤魔化し続けた臭いがプンプンです。(笑) 趣味以外は極力自分のお金はだしたがらない方でしたから

真面目に働くって馬鹿らしいのかな

仕事も調子いいみたいで1軒は事務所として使って今いろいろ仕事してるから、今度は家族か彼女に宅建取らせて不動産屋をすると言ってました。(驚)

そういえば、昔、二日市の家電量販店、ヤマダかコジマでエアコンを購入しましたが、「取り付け料は業者に直接払って下さい」と言われて当日、田川か飯塚の取付業者が来て、取り付ける前に「支払いますので領収書下さい。」といったら、「そういうものはない」と言われたので、その場で量販店に電話。「領収書も発行しない業者はいらなのいので、後日、別な業者に来てもらってくれ!」と言っている最中に「やっぱり発行します。」とのこと。
当時、働いていると足がつかないように領収書切らない輩が多かったですね(笑)

今はお金が余ってる時代なんですね。結構オーナーさんで不動産屋成したり、新規で開業もいますから、他者から見るとチョロい商売に見えるんでしょうね(笑)

若くていい車乗ったり、高そうな時計したり、チャラい服装だったり、変に偉そうな態度とったりと一般の人から見ると鼻につきますもんね。

うちは父親も祖父も、自分が不動産屋に勤めるは大反対でしたし、不動産会社を創業、経営するとも大反対で、連帯保証人にもなってもらえませんでした。

製造業出身の父親、行商出身の祖父からすると不動産屋と株屋はダメということでした。「汗水たらさず人のふんどしで相撲を取る」職業ってのが許せない人でした。一応商売道具の脳は使っているですけどね。
自分の当時貯めていたお金だけで数年間切り盛りして大変でしたけど、おかげで相続も終えた今はすこし気持ちが楽になりました。



結局とりとめのない話になってしまいました。
いつか時間のある時に整理しなおします。




おわりです。

この記事を書いた人
青栁吉彦 アオヤギヨシヒコ
昭和43年12月25日生まれの51歳です。 創業して約12年、業界には約30年となりました。 地元出身・地域密着で誠心誠意みなさまのお世話をさせて頂きます。 趣味はマリンアクアリウム・オカメインコ飼育・ウサギ飼育・読書・書道(初心者)・ひとり焼肉・ひとりキャンプ(また復活したい)です。 太り過ぎてしまったので、近々、ダイエット運動する(予定)
arrow_upward